あなたらしさを発揮する演技術へようこそ

どんな時にも自信を持って最高のパフォーマンスを発揮する秘訣
ライブインタラクション

~あなたらしさを自然に演出する演技術~

誰よりも早くライブインタラクション・テクニックを知りたいかたのためにPDF冊子を無料でお配りしています。

興味のある方は遠慮せずに今すぐこちらからお申し込みください。

無料PDFプレゼント

ライブインタラクションは非常に優れた俳優訓練法です。

ライブインタラクションは、世界のトップレベルのエグゼクティブにも通用するものです。

実際、世界のトップリーダーたちは、紀元前5世紀からずっと、俳優訓練法を身につけて来たおかげで成功してきたのです。

ライブインタラクションは英国の演技術に、世界各国(ロシア、アメリカ、オーストラリア、フランス、アジア諸国、日本)の優れた演技術を合わせたコンビネーションです。

ライブインタラクションのトレーニングは多岐に渡ります。
あなたの発声・呼吸法・話し方、身体訓練・身体表現、精神性・心理学・台本読解術他、あらゆる演技術を、あなたのお仕事と毎日の生活との両方に役立ちます。

ライブインタラクションには、あらゆる最高の演技術・表現術が詰まっています。

ライブインタラクションは、俳優・歌手・ダンサー・パフォーマー・ナレーター・プレゼンター・そして人前で何かを伝えなくてはいけない状況にある全ての人にとって、非常に大切な、決して忘れてはならない、コミュニケーションの根本があるのです。

そう、これは、ライブの状態で相手と直接、しっかり交流するスキルのことなのです。

もちろん、映像で活躍する人にも欠かせません。

このブログでは、ライブインタラクションについての理解を深めることができ、それが様々な方面からあなたの役にたつでしょう。

どうぞお楽しみください。

執筆者

このブログを書いているのは、シアトリストの三輪えり花です。

 シアトリストとは、演劇の舞台の様々な分野で多岐にわたって活動する人のこと。例えば、脚本家でありながら俳優や演出家、デザイナー、そして演技指導を兼ねるなど、最近ではとても増えてきていますね。
 三輪えり花は、「出る杭は打たれる」「八方美人」「二兎追うものは一兎をも得ず」ということわざが強く生きる日本の土壌で、演劇と舞台芸術に関するものなら職業ジャンルを狭めることに意味はないとの信念で、それらの諺をものともせず、演出家・俳優・脚本家・翻訳家・デザイナー・プロデューサー・指導者という役割を担ってきた、まさにシアトリストの魁(さきがけ)です。

三輪えり花の演技術の根本は、日本政府からの奨学金で派遣された英国王立演劇アカデミーの授業です。

得意の英語力と行動力、国際交流交友関係を活かして、三輪えり花は世界中から、真に使える演技術を集め、自ら実践することで経験を積んできました。

これら演技術の融合を教えたり使ったりしていくうちに、三輪えり花はそれに名前をつけました。

それが、ライブインタラクション®︎

商標登録も2016年4月に済ませました。

三輪えり花のお送りするライブインタラクション・ブログで、思う通りにご自分を表現し、伝え、理想の人生を送るよすがにしてください。

三輪えり花について

ライブインタラクションとは

ライブインタラクション®︎

どんな時にも自信を持って
最高のパフォーマンスを発揮する

だから望み通りの現実が付いてくる

ライブインタラクションは、三輪えり花が提唱・開発し、国際ライブインタラクション研究所が学びの場を提供している、演技・演出術です。

ライブインタラクションの基本的なレッスンを、どなたにも体験していただけるよう、無料のPDFレッスンテキストを配布しています。

ご希望のかたは、遠慮なくこちらからお申し込みください。

メインページ入口はこちらから
JAPANESE


ライブ(相手が今、目の前にいる状態)でのインタラクション(相手とのやりとり)が上手だと、どんな場面でも自信と魅力溢れる、本来のあなたでいることができます。
するとなぜか、望み通りの現実が知らぬ間に手に入るようになっていることに気づくでしょう。

それは、あなたが自信を持って本来のあなたでいるからこそ、伝えたいことがきちんと相手に伝わるようになるからです。

けれど、相手とのやりとりは、相手が目の前にいる場合、 メールやネットのように、いつでも書き直したり、録音・録画し直せるものではありません。

一番大変で、一番大切なのは、今、現実に目の前にいる人とのやりとりをどうするか、ということ。

それが、

ライブインタラクション。

この言葉と概念を誤解なく広めるために、三輪えり花は2016年4月に商標登録をしました。

今、目の前にいる人とのリアルな交流って大事だよね
という意味で、「ライブインタラクション」という言葉を
どんどん使ってください。

ライブインタラクション®︎で何かいいことあるの?

はい!

ライブインタラクションが上手だと、自信が持てるようになり、あなたがあなたらしくいられるようになり、その結果、最高のパフォーマンスを発揮することも、人とうまくやっていくことも、どんどん可能になります。

そして、変えたい、変わりたい、と思ってきた悩みがみるみる解消していきます。

朝目覚めて誰かに「おはよう」と言う時から、通勤電車の中、仕事中、友達、家族といった大勢の人たちにあなたは囲まれています。

同じように、あなたもまた、あなたの周りの大勢の人たちそれぞれを囲む一人です。

そして、誰かがそばにいる全ての瞬間に、ライブインタラクションは行われています。

ライブインタラクションが下手な人は人を攻撃することで自分を守ろうとします。

でもライブインタラクションが上手だと苦労せずに誰からも愛されるようになってしまうのです。

それは、ライブインタラクションの根本が、あなたが自信を持ってあなたらしくいることだからです。

ライブインタラクション®︎は誰の役に立つの?

はい!

ライブインタラクションは3種類のあなたの役に立ちます。

1 いつものあなた

2 ビジネスでのあなた

3 人前に出て大勢を引きつける必要がある時のあなた

ライブインタラクション®︎は何かの役に立つの?

はい!

ライブインタラクションは
いつものあなたが
誰かと仲良くしたい時
役に立ちます。

ライブインタラクションは
ビジネスでのあなたが
誰かと契約を結びたい時
上司と部下の関係を良くしたい時
チームの力を上げたい時
役に立ちます。

ライブインタラクションは
人前に出て大勢を引きつける必要のあるあなたが
舞台で役を演じる時
スピーチをする時
プレゼンテーションをする時
講師として何かを教える時
役に立ちます。

ライブインタラクション®︎は習えるの?

はい!

オンラインとリアルの両方で習うことができます。

ライブインタラクション®︎は簡単にできるの?

はい!

ライブインタラクション・コーチの指導で、誰でも、習った瞬間からできる様になります。

ライブインタラクションのレッスンでは何をするの?

興味がありますか?

では、下記のリンクでライブインタラクションの内容をご案内しますね。

ライブインタラクション講座のご案内

国際ライブインタラクション研究所は何をするところなの?

Live Interaction International Institute  LIII(エルアイズ)

誰もが、いつでも、どこでも
自信を持って、自分らしく
最高のパフォーマンスを発揮する方法を
見つけられるところです。

心や気持ちを言動で表現するのが苦手な日本人が、人前で何かを見せるのに必要な技術を見つけられるところです。

グローバル社会において、世界へ向けて発信するための自信を見つけられるところです。

この研究所では、俳優や演出家、教育者といった、世界中のライブインタラクションの専門家と繋がり、あなたをあらゆる方面から補佐するための情報収集と研究を行っています。

興味のある方、目の前の現実に悩みのある方、ライブインタラクションの基本的なレッスンを、どなたにも体験していただけるよう、無料のPDFレッスンテキストを配布しています。

ご希望のかたは、遠慮なくこちらからお申し込みください。



また、何か質問がある場合も、遠慮なさらずにお便りしてくださいね。

提唱者 プレジデント 三輪えり花

ここで学べること

世界中のシアタースキルが一目瞭然

あなたに必要なスキルが必ず見つかります。

目的別

演技・演出・音楽とダンス・演劇教育について、どこで何が誰から学べるかが調べられます。ナチュラルな演技がしたい、と思っても、何をやっていいのかわからなかったり、一つのやり方ではうまくいかない時に、「こんなスキルもあるのか!」が発見できます。

スタニスラフスキイ
シェイクスピア
ベラ・レーヌ
身体技能
言葉表現

国別

どの国でどんなことが教えられているのか、そこにはどんなプロフェッショナルがいるのか、いつどこでどんなワークショップやレッスンが受けられるのか等を調べられます。

イギリス
フランス
オーストラリア
カナダ
メキシコ
アメリカ合衆国
ロシア
スーダン

指導者別

当研究所に登録している講師陣のワークショップやレッスン内容・日程等が調べられます。

認定コーチ一覧

プロフェッショナル・アーティスト指導者一覧

プロフェッショナル・アーティストのための指導者

三輪えり花

専門分野:演技総合・演出・プロデュース法

カナダのヴィクトリア大学で演劇を学び、慶應義塾英文科を卒業し、ロンドン大学大学院で演劇学修士。のち、劇団昴から英国王立演劇アカデミーRADAへ留学。言葉と身体表現と読解力を総合的に駆使し、仮面やアニマルエクササイズ、即興も含めたクリエイティブな舞台作りと演技に定評がある。

Lutherヒロシ市村

専門分野:発声・演技・ディクション・ボディコンディショニング

国立音楽大学卒業後、イタリアとオーストリア、アメリカで修行を積んだオペラ歌手、ソウル歌手。声と演技は筋肉の活動の結果であるという欧米式の方法で身体づくりを重要視する。

岡田正子

専門分野:ベラ・レーヌ・システム

フランス演劇クレアシオン主催。

オーハシヨースケ

専門分野:アプライドドラマ・即興・身体表現

ほかアップデート中です。

お問い合わせください。

国際ライブインタラクション研究所とは

Live Interaction
International Institute

国際ライブインタラクション研究所は、演劇の演技訓練法と演出法を応用することで、日本人が苦手なコミュニケーション術を克服し、世界のどこに行ってもあなたらしさを失わずに堂々と人前に立てるようになる

ライブインタラクション 〜自信を持って人前に立ち、感動を共有する〜 方法の恩恵を万人に伝えるために、アメリカ合衆国の株式会社 IKI, Inc. が運営しています。

ライブインタラクションの基本的なレッスンを、どなたにも体験していただけるよう、無料のPDFレッスンテキストを配布しています。

ご希望のかたは、遠慮なくこちらからお申し込みください。

<設立理念>

表現し交流する喜びを

国際ライブインタラクション研究所は、演劇という手段を通じてコミュニケーションスキルを高めるための情報蒐集、研究を行い、その学びをあらゆる人々に提供いたします。

<設立の目的>

⑴ 実演芸術家の国際的ハイレベルパフォーマンスの獲得とそれによる国際的活躍の促進

⑵ 一般の方々のコミュニケーションスキルを深め、それにより、いじめやヘイトの撲滅と、平和で明るく楽しい、一人一人が満足感を持って生きられるコミュニティの確立

<研究所の仕組み>

当研究所は米国のカンパニー IKI, Inc.(イキ)によって運営されています。
当研究所は3本の柱で構築します。

1 実演芸術公演企画

2 演劇スキルに関するウェブサイト運営

3 演劇スキルの教授

<この研究所が今こそ必要、その社会的背景>

狭いコミュニティで当たり障りのない会話を進行させることが優先される現代、外見で良い子にして目立たないようにしていれば誰にも叱られない現代では、心の中での本当に動きを無理に押し込め、同時に他者の心理を推測し共感するという極めて人間的なこと自体が難しくなってきています。

そこで注目されるのが、演劇の力です。演劇は、人間同士の問題を扱います。親子ゲンカ、片思い、失敗、敗北、嫉妬と嫌悪、そうしたことを乗り越えて、友情・愛情・信頼・自信・喜び・成功を勝ち得ていく過程がドラマになっているのが演劇です。

テレビドラマや映画は「観て」共感し、何らかの学びを得るものですが、演劇は「体験」することで共感し学びを得るものです。

国際ライブインタラクション研究所は、その学びをすべての方が自由に体験できるよう、ウェブサイトとリアルの講座により、皆様の目の前の現実が一気に変わるお手伝いをいたします。

<研究所の講師陣>

世界でそして日本で活躍する演劇人の中から、伝えるべき技術と教える技術の両方に優れた方々を厳選し、講師・アドバイザーとして登録していただいております。いずれも各界のエキスパートとしてご活躍中の方々です。当ウェブサイトを訪れた皆様がそれぞれの必要に応じたスキルアップを計れることを心から願っております。

ライブインタラクション認定コーチ一覧

プロフェッショナル・アーティストのための指導者一覧

<研究所の今と今後>

当研究所は、アメリカのカンパニー IKI, Inc.(イキ)によって2017年3月28日に正式にオープンいたしました。すでに、三輪えり花が養成するライブインタラクション・コーチの育成や、俳優訓練塾等が進行中です。日本と海外を結ぶ実演芸術家たちの質の高い活動と交流を支えてまいります。ご期待ください。

<研究所を支える人々>

ライブインタラクションのスキルを身につけることで人間同士の繋がりが楽しく前向きに発展すること、それによりいじめやヘイトを無くすことにつながる、だからこそ、誰もがアプローチできるウェブサイトや方法が必要だという、国際ライブインタラクション研究所の理念と夢を共有してくださる世界中の演劇人、アーティスト、著名人から方、推薦文・応援メッセージをいただきました。トップページに掲載しております。ご覧下さい。

三輪えり花

認定コーチ

国際ライブインタラクション研究所によるコーチ養成プログラムから誕生した認定コーチで、現在認定コーチとして活動中のかたををご紹介します。

コーチ第一号は、増田律子コーチ。

ライブインタラクション認定講師第1号が誕生しました!ライブインタラクションは俳優訓練術を元にしたコミュニケーション術。これを使うと、目の前の現実が一気に変わります。どうやって?それができるのがコーチです。本当に優秀なコーチたち。これからの活躍がとても楽しみです。

とっても優しい増田律子コーチ。良き主婦・優れた英語講師でもあります。

彼女はインターナル講座(特定のグループのための講座)のため一般の方からもお申し込みは受け付けておりません。
一般の方用の講座開講がある際は、またお知らせいたしますね。

コーチ第2号 土橋創コーチ

現役のオペラ歌手でもある土橋創コーチ

彼は歌を教える際にライブインタラクションの手法を使います。ボイストレーニングや歌をやってみたいという初心者大歓迎のかた。

コーチは、コミュニケーションや表現力について質問に答えることもできます。このお問い合わせフォームからご質問はお気軽に。

ベラ・レーヌ・システム

ベラ・レーヌ・システム Bella Reine System

フランスで活躍した女優ベラ・レーヌによって開発された、真にリアルな演技をするための練習方法。

日本では、ベラの直弟子である岡田正子(演出家)が普及。

せりふを言うにしても、せりふのない場面にしても、心の中で実際に何を具体的に喋っているのかを大事にする。

基本のエクササイズは、10段階。

ベラは日常に演技の種があることを重要視し、エクササイズ(フランス語で言う所のエテュード)は、日常の細々したことにどれだけ意識を注いでいられるか、に目を向けている。

これを深めていくことで、どんな場面にも、誰もが納得のいく、リアルな深みのある演技ができるようになる。

岡田正子の開くワークショップでは、実際のエテュードを行う演者を観察することで登場人物の内面を読み解く力も養われる。

参考文献

ベラ・レーヌ・システムそのものの書籍もございますが、2018年現在、完売中でございます。ご要望者の人数が揃えば再刊行もできると思いますので、ぜひ、
お問い合わせください。

基礎レッスンのおさらい

目の前のお客様から「ありがとう!」を引き出す
ライブインタラクション
~相手の心を動かす演技・演出術~

7回のレッスンは、いかがでしたか?

あなたの集中力と持続力に敬意を評します。

お疲れ様でした!

何か、聞きたいこと、わからないことなど、質問はありませんか?

いつでも、下記のフォームでメールをください。

hello@live-interaction.org

明らかにいたずらだと思われるものには返信いたしませんが、この冊子をここまで熱心にお読みくださったあなたがいたずらメールを送るとは思いません。

私も真摯にお答えしていきますので、遠慮なくメールしてくださいね。

 

ありがとうございます

 

あなたとこうして繋がれたのも、何かのご縁、心から感謝しております。

ご縁を大事にして、三輪えり花から、こうして7回にわたり、ライブインタラクションのエッセンスを伝えてまいりました。

私はこれは、本当にどんな人にも、役に立つものだと信じています。

  • 実演芸術家(俳優や歌手、ダンサー)にも。
  • お母さん・お父さんにも。
  • 教育の現場でも。
  • ビジネスの現場でも。
  • 学生でも。
  • お子様でも。

誰かに、何かを伝えたいときに、きちんと伝えるために、表現力が必要なのです。

どんなに発声や腕の動かし方を習っても、表面的なだけでは無意味です。

どんなに喋り方や瞳の使い方を習っても、相手の心を動かすことができなくては無駄です。

 

まず必要なのは、

・伝えたいこと(内容)

次に必要なのは

・相手に伝わるように、というあなたの思い!

 

ライブインタラクションは、相手の心を動かす演技・演出術です。

三輪えり花が世界の著名な演出家や演劇教育者から学んできた、演技と演出の技術がベースで、ビジネスマンや言語教育者たちに指導してきた経験を組み入れています。

表現ができるようになると、誰かに頼らなくても、自分自身を演出するセルフディレクティングができるようになります。

これは、直前に原稿を渡される経営者や、映画やドラマの撮影など、リハーサル時間が短い時やインタビュー、オーディションなど即興的に対応しなくてはならない時、とても役に立ちます。

 

3 WHY NOW?  なぜ必要か、の項目でも述べた通り、ライブインタラクションは、今、緊急に必要とされてきています。

いろいろなところから、「まさにこのスキルが必要だ」と言われ、大学や地域から、教えて欲しいという声をたくさんいただいているので、よくわかります。

① 一方通行のコミュニケーションや間違った俳優訓練が横行して、伝えたいことが、却って伝わらなくなってしまっている現状。

② きちんと発信できないと日々の生活にも多大なストレスがかかる現状。

③ リアルなコミュニケーションを、安全な状態で練習するチャンスが、今の日本では必要だという現状。

ライブインタラクションは、演劇の力を使っているので、伝えたいことを伝わるように伝える力を、バーチャルで安全な状態で、シミュレーションしながら練習することができるのです。

私たち人間が社会で生きていく上で、相手の気持ちを思いやる、相手の立場になる、ことがまず何よりも大事。

俳優や芸術表現者も、登場人物を理解するためには基本的技術と知識とシミュレーションが必要で、それがなくては、演技は下手なまま、人気を失い、職を失ってしまうでしょう。

生きがいを失ったり、人との軋轢で悩んだり、夢のないつまらない人生を歩むことになってしまうかもしれません。

私たちは全員、ライブインタラクションが必要です。

 

熱心なあなたが、ライブインタラクションを良いと思ってくださるなら、ぜひ一人でも多くの、必要としているかたに、ライブインタラクションを紹介してあげてください。

あなたにはこれから、あなたを輝かせていくようなライブインタラクションのポイントがメールで届きます。

どうぞお楽しみに!

 

Laugh, Love, Live!
これからもずっと長くあなたの友

三輪えり花

基礎レッスン7:まとめ

レッスン7 ライブインタラクション
~まとめ~

 

7回にわたって行なってきたライブインタラクションの基礎レッスンもとうとう最終回です。

長期間、お疲れ様でした!

こうして最後までお読みいただいているということは、すでにあなたは変化を感じてきているかも知れませんね。

だとしたら、とても嬉しいです。

最後に、全体のまとめをしておきましょう。

ライブインタラクションは伝えたいことを伝わるように伝える秘訣

・ライブインタラクションは、目の前の現実を変える力を秘めています。

・ライブインタラクションは、演技術・演出法を使っています。

・ライブインタラクションは、伝えたいことを効果的に伝える必要のある、表現者と教育者・指導者に必要不可欠な技術です。

・ライブインタラクションは、3ステップが必要です。

1 プレゼンス(存在感)

2 ヒューマンネイチャー(人間の行動原則)

3 インタラクション(相手の心理を読み、それに対応していく力。交流力)

・ライブインタラクションが、演劇の力を使うのは、バーチャルな空間や設定で、様々なことをシミュレーションして練習できるからです。練習するから、いざという時に対応できる力を養うことができるのです。

・ライブインタラクションは、想像力と読解力も養います。

エクササイズ ラスト

X1 あなたにとって、ライブインタラクションの良さは何ですか?

 

X2 ここまでレッスンを続けてきて、どんなことが役に立ちましたか?

 

X3 ライブインタラクションをどんなかたに勧めたいですか?

 

コメントにぜひご記入をお願いします。

 

 

ライブインタラクションの輪が広まれば広まるほど、社会は生きやすくなると思いませんか?

よろしければ、このPDFとライブインタラクションのメールレッスンを、ぜひ、大切なお友達に伝えてあげてください。

これからも、動画レッスンや新しい記事など随時更新していきますので、たまにチェックしてください。

もちろん、メールレッスンでは、更新情報も掲載します。

あなたが、ライブインタラクションのパワーと魅力に気がついて、面白そう、やってみたい、と思ってくれたら、私はとても嬉しいです。

なぜなら、ライブインタラクションを身につけると、それだけで毎日の人との交流から生まれるストレスを軽くでき、人生が明るく楽しく、満足感に満ちたものになると私は信じているからです。

これからもあなたが、ライブインタラクション能力を高め培い、素晴らしい人生を謳歌されていくことを心から願っています。

お読みいただき、ありがとうございました。

Laugh, Love, Live!

国際ライブインタラクション研究所

プレジデント 三輪えり花

 

国際ライブインタラクション研究所は、アメリカ合衆国の株式会社 IKI, Inc. が運営しています。

追伸:

この7回レッスンの後は、引き続きメールにて、ライブインタラクションに役立つレッスンと情報をお届けします。

どうぞお楽しみに!